| main | ハウスダスト アレルギー性結膜炎 症状を抑えるために >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ハウスダストなどのアレルギーとは
最近は身内や知人の中で「アレルギーだ」という話を聞くことが多いのではないでしょうか。国民の30パーセントもの人が何かしらのアレルギー性疾患を持っているといわれています。

アレルギーというものは、人の体の過剰な免疫反応ともいえますが、ではなぜアレルギーが起こるのかと言うと、原因は様々で多種多様です。喘息・スギやヒノキの花粉症・鼻炎、アトピー性皮膚炎なども増えていますが、食物アレルギー、金属アレルギーというものも多いです。ハウスダストアレルギーもその中の一つです。

気管支喘息やアトピー性皮膚炎などは遺伝的要素が多いと言われていますが、花粉症・食べ物のアレルギー、金属のアレルギーなどアレルゲン(アレルギーを起こす物質)が原因で起こしてしまうアレルギーもあります。その抗原物質は花粉・食べ物などの食材・気候や季節・ダニ・カビ・ペットなどのハウスダストなど多岐に渡ります。

アレルギーの症状も咳・くしゃみや鼻づまり・鼻水などの鼻炎、湿疹やかゆみ・結膜炎など色々あります。症状が軽度のうちはいいのですが、悪化するとアナフィラキシーなどのショック症状で呼吸困難・意識障害・呼吸困難などを起こして危険な場合もあります。ぜひ、アレルギーの専門医を受診してきちんと原因を調べておきましょう。

原因を調べておけば、治療がしやすくなったり、またアレルギーを起こさないように対策を立てることもできます。アレルギーのアレルゲン(抗体)を特定するためには、アレルギー検査をするのが一般的です。

検査方法は血液検査と皮膚に直接アレルゲンを貼る皮膚テストがあります。また、特定の食べ物が原因になっているか調べるためには誘発テストと言うものが行われます。これはどの病院でも受けることが可能です。

また、特定できたアレルギーを治療していくには生活の環境を見直ししたり、原因を遠ざけたりすることが重要です。




JUGEMテーマ:健康


| アレルギーとは | 23:20 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - | pookmark |