スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ハウスダスト アレルギー性結膜炎 症状を抑えるために
アレルギーの症状で、目の周囲やまぶたがかゆい、ゴロゴロしたり、充血したりするということがありますが、これはアレルギー結膜炎といわれています。

スギなどの花粉症で一緒に起こることもありますが、目だけでの症状が起こることもあります。花粉症などが原因で無い場合、アレルギー性結膜炎の原因の多くは「ハウスダストやペット」などが原因といわれています。

かゆみは個人差がありますが、掻けばかくほどかゆくなってきて非常に不愉快な症状です。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などと同じく勉強などにも集中しずらくなってきます。症状を緩和するにはどうしたらよいでしょうか。

アレルギー性結膜炎の症状を抑えるには、抗アレルギー点眼薬が有効とされています。この点眼薬には痒みや充血を起こすヒスタミンを抑えて痒みを止めたり、事前にヒスタミンを増やさないように予防薬として使うものがあります。

それでも痒みが治まらない場合には症状に応じて副腎皮質ホルモンのステロイド系点眼薬などを使うこともあります。

それから、ハウスダストアレルギーと分かっている場合は、そのアレルゲンを取り除くことも大切です。部屋の埃やぬいぐるみなどの埃、布団、エアコンのフィルターの汚れなどもアレルギーの原因になります。室内でペットを飼うこともよくありません。アレルギーの予防として

・よく掃除をして、埃を取り除くこと
・湿度を上げるとダニが繁殖しやすいので、風通しを良くする。
・布団を良く干す、又は適度に布団に掃除機をかける

またアレルギーの出にくい生活習慣も大事です。

・コーヒーやタバコ、お酒などの刺激物を控えて3食きちんと食べる
・睡眠をよくとって、ストレスの少ない生活にする

実践するのにはなかなか難しい側面もありますが、なるべく正しい生活をするよう心がけてください。



JUGEMテーマ:健康


| ハウスダスト アレルギー性結膜炎 | 13:26 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |